Avigilon特長


Avigilon は、モトローラソリューションズと共にアクションに繋がる情報が得られる統合ソースを提供します。Avigilon ソフトウェアが不審なアクティビティにフラグを立てると、モトローラソリューションズの無線通信により、セキュリティオペレーターが迅速に連絡を取り合い、直ちに行動を起こすことができます。これにより、現場の積極的なイベント対応がシンプルに実現でき、安全性が高まります。

Avigilon Control Center (ACC) 映像管理ソフトウェアと、モトローラソリューションズの Command Central Aware ソフトウェアおよび Ally ソフトウェアの統合により、比類のない公共安全ソリューションを実現します。CommandCentral Aware はモトローラソリューションズの包括的なコマンドセンターソフトウェアです。ACC™ ソフトウェアとの統合を通じて、指令担当者やインテリジェンスアナリストは 1 つのソースからリアルタイムのインテリジェンスが得られます。映像フィード、インシデントの詳細、アラート、データマッピング、対応者の居場所などを把握できます。
また、最新の Radio Alert との統合では、テキストまたは音声アラートとして、アラームを直接モトローラソリューションズの無線通信に送信できるようになりました。

AI(人工知能)ソリューション

Avigilon-SA
米国国土安全保障省
安全法指定商品

アビジロンのカメラは鮮明で詳細な画像だけでなく、現場のインシデントや出来事を把握するためのスマートな自己学習型 AI 映像分析も提供します。

H5Aシリーズの「映像分析」は次世代のビデオ分析(人物と車両のオブジェクト検知と分類)、「UAD」は異常行動検知、UMD」 は異常動作検知を表します。

Avigilonの魅力


AvigilonFuture

AI(人工知能)解析

現実世界の課題を解決し、監視システムとのかかわり方を一変させるデザインにより、Avigilonの人口知能(AI)ソリューションは重要なイベントの検知、判断および対応を確実に実現します。

Focus of Attention
インターフェイス

映像のライブモニタリングのための最先端のユーザーインターフェイス。AI と映像解析技術を利用して、セキュリティ担当者に通知すべき重要な情報を判断します。

Avigilon の次世代映像解析
映像セキュリティを変える

サーチ対象の分類機能の拡充、混雑した場所におけるより正確な検出技術により、最も重要な情報に注目することができ、検出、検証、行動にさらに迅速に移行することができます。

自己学習型映像解析
最も大切なことに注目する

人は同時にすべてのエリアに存在することはできません。しかし、弊社の自己学習型映像解析ソリューションならエリアを24時間休みなく監視することが可能です。本ソリューションは、人や車両の動きを正確に認識するようにデザインされており、シーンとは関係のない動きと区別します。持続的に学習を続ける機能により、誤検出は減少し、アラートをより正確なものとすることができるのです。

Avigilon

Avigilon Appearance Search
シンプルな検索

アピアランスサーチ

AI 映像検索エンジンにより、インシデントへの対応時間を劇的に改善することができます。数時間におよぶ映像を簡単にソートして、ショッピングセンターや施設などの敷地全体を対象として特定の人物や車両を即座に特定できます。
Avigilon Appearance Search™ テクノロジーと Avigilon の映像解析カメラを組み合わせることで、映像データを生成・記録・クラス分けして効果的なサーチを可能にします。
Appearance Searchテクノロジーによってより高度な映像サーチが可能となり、Avigilon ソリューション全体のユーザー エクスペリエンスが向上します。

Unusual Motion Detection
(異常動作検出)

未知を情報に変換

数時間もの映像を詳細に、しかし簡単に調査することで、対象を発見し、見逃されがちなイベントをも明らかにします。事前定義されたルールや設定がなくとも、Unusual Motion Detection (UMD) 技術で人工知能を活用し、シーンにおける通常行動について恒常的に学び、通常とは異なる行動を検知してフラグを立てることでレビューに役立てます。

ナンバープレート認識映像解析

非常に正確なキャプチャ、認識、サーチ

弊社のナンバープレート認識 (LPR) 映像解析技術は、自動的に車両のナンバープレート情報を読み取り、ライブ映像および記録映像とリンクさせます。
複数のナンバープレートのウォッチリストを作成・インポートすることで、ナンバープレートのマッチングが検出された場合にはすぐにアラートを発することが可能であり、キャプチャされた特定のナンバープレート映像を検索してすぐに見つけることで認証や調査を行うことも可能となります。